ブログ

C・オーグメントの日日刻々をデイキャッチ!?

2015年9月11日 (金)

舞台「真珠の首飾り」
音楽 近藤浩章 公演によせて

本日初日を迎えた、青年劇場第116回公演

ジェームス三木=作 板倉哲=演出
舞台「真珠の首飾り」

上演に際して、
今回音楽を担当した近藤浩章がコメントをよせています。

-----

「敗北を抱きしめて」の著者、米国の歴史家ジョン・ダワーは、
「日本国憲法」こそが第二次世界大戦からの財産であり、日本国民が財産に成しえたと述べている。
敗戦の日本に民主主義の萌芽と着床の為、GHQ民政局の精鋭メンバーの叡智を結集して新憲法の作成に臨んだ史実は、感動を禁じえない。
平和・戦争放棄・憲法9条・民主主義という当たり前の単語を口にする時、何故か気恥ずかしく面映ゆい感情が往来するようになったのはいつ頃からだろう。
今こそ胸を張って、「平和」を叫び続けなければと思う。
記念すべきこの上演に音楽として参加できる光栄を胸に抱きしめながら―――。

音楽 近藤 浩章
(青年劇場 第116回公演「真珠の首飾り」 上演パンフレットより)

-----

Shinjub

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

残暑お見舞い申し上げます

こんにちは。

ここ数日、立秋を過ぎてからはそれまでの猛暑が嘘のように
めっきり過ごしやすくなってきたこの夏。

暑さでお疲れの皆さん、夏休みで大忙しの皆さま
夏風邪も流行っている今日この頃、
どうぞご自愛下さいませ。

「絵に描いたような夏空」が広がる渋谷の空の下
8月、鎮魂の夏に
平和のメロディを発信していきます。

世界中全ての人に
永久の平和が訪れますように―――

2015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月15日 (水)

【戦後71年】今だからこそ伝えたいメッセージ
絵本「戦争のつくりかた」 朗読と音楽
YouTube絶賛配信中

Adsensou_banner_8

続きを読む "【戦後71年】今だからこそ伝えたいメッセージ
絵本「戦争のつくりかた」 朗読と音楽
YouTube絶賛配信中"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

2015 あけましておめでとうございます

旧年中はご愛顧頂き、誠に有難うございました。
本年も、株式会社シー・オーグメントをよろしくお願い致します。

2015年 正月

2015nenga

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

絵本「戦争のつくりかた」 朗読と音楽
YouTubeにて動画配信スタート

株式会社シー・オーグメントでは、7月3日付で
絵本「戦争のつくりかた」音楽と朗読 のYouTubeでの動画配信を開始しました。

この絵本は、今から10年前の2004年5月、国会で有事法制・有事関連法案が審議されていた当時、それまで武力を完全に放棄してきていた日本が、その形と方針を転換しようとする動きに対して、敏感に感じた人々がインターネットで繋がってゆく中で、ある一人が思いついたアイデアを元に、個人配布の小冊子出版から産まれたものです。

絵本発表直後から各メディアで注目され、その中で同年、岐阜大学地域科学部教授・近藤真庸氏が作曲家・近藤浩章に音楽を依頼、朗読プログラムを制作。初演は、岐阜大学地域科学部「No War プロジェクト」の学生たちにより行われ、大きな反響を呼びました。

先ごろ、集団的自衛権の憲法解釈変更が閣議決定されました。

ひとりでも多くの人々に、この事柄に感心を持ってもらえるきっかけになればと、今回、音楽と朗読の付いた動画を制作、配信を開始することとしました。

『わたしたちは、未来をつくりだすことができます。戦争しない方法を、えらびとることも。』(本文より)

Ytx

絵本「戦争のつくりかた」
(文:りぼんぷろじぇくと 絵:井上ヤスミチ/2004.5)

音楽企画プロデュース:近藤 真庸(岐阜大学地域科学部教授)
作曲・編曲:近藤 浩章
ディレクター:佐藤 由理
ナレーション:佐理
企画制作:株式会社シー・オーグメント

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

【News】東京新聞朝刊に
近藤のコメントが掲載されました

5/19(月)付 東京新聞朝刊
24面 <こちら特報部>欄
に、近藤浩章のコメントが掲載されました。

ぜひご一読ください。

Tokyo_np20140519_2

| | コメント (0)

2014年5月 2日 (金)

近藤浩章 「人権のひろば」に特別寄稿
『我が心のアンパンマン
~永遠なるやなせたかし』

このほど、人権問題にとりくみ、人権擁護を推進している、法務省・内閣府の外局
公益財団法人 人権擁護協力会が発行している機関紙「人権のひろば」(隔月刊)の
最新5月号に、特別寄稿として、近藤浩章の文章が掲載されました。



『我が心のアンパンマン』と題して、
昨年10月に、94歳で逝去したアンパンマンの原作者・やなせたかし氏とアンパンマンの作品の世界観について、その想いを綴っています。



◆「人権のひろば」画像(JPEG) ※クリックで拡大



Jinken_kondo1







 



 



 表紙・1ページ



 



 



 









Jinken_kondo2







 



 



 2・3ページ



 



 



 









この機関紙に関する詳細はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

【ライブ情報】2014.4.25Fri
近藤浩章トーク&ミュージックショー
こんどうさんのおもてなし~Vol.11
OMOTENASHI2nd &
C#5 20th Anniversary LIVE
Produced by Sari

Badomo11

続きを読む "【ライブ情報】2014.4.25Fri
近藤浩章トーク&ミュージックショー
こんどうさんのおもてなし~Vol.11
OMOTENASHI2nd &
C#5 20th Anniversary LIVE
Produced by Sari"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

【ラジオ出演】文化放送
第7回100万円争奪!ラジオCMコンテスト

Cmc2013bloga

続きを読む "【ラジオ出演】文化放送
第7回100万円争奪!ラジオCMコンテスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

秋の夜長に魂の音楽、魂のドラマ…
こんどうさんの”元祖”おもてなし

10/2(水)・4(金)

近藤浩章トーク&ミュージックショー
~こんどうさんのおもてなし~Vol.9
秋の夜長に音楽とドラマと・・・

at 西麻布・音楽実験室 新世界

シリーズ9回目の今回、初の2DAYSで賑々しくお届けしました。

二日間にもかかわらず、両日共立錐の余地も無いほどの超満員!

ホスト・近藤浩章もテンション高く「お・も・て・な・し」スタート!

13100204omol90413100204omol934

メインゲストには、日本芸能史の名優 故・森繁久彌氏を師に持つ
俳優・吉野悠我さん。

13100204omol932_2
舞台を中心に、多方面で活躍される吉野さん。
俳優としてだけでなく、多種多彩な才能の持ち主。

吉野さんは、俳優界で数少ない琵琶(びわ)弾き。
今回はなんと、難易度の高いといわれる“語り”ながらの演奏。
作品は、出身地・石川県の逸話、平家物語の中から「実盛」。

しかも、今回の演奏のために、琵琶を新調して臨まれるという
鼻息も荒い気合の入れ様!

琵琶の力強い音色と、浪曲に似た独特の語りでした。

13100204omol912 

俳優人生のきっかけとなった、師・森繁久彌さんにちなんで、森繁さんが名を馳せた、
<語り>を、数ある作品の中から、「アンディ家の話」を披露。
さらに、出身地である、石川県七尾青年会議所30年を記念して森繁さんが作詞を手がけた「能登の夢」を熱唱。
本番に向けて、特に練習に練習を重ねた一曲。
能登の海と丘の景色が見えるようでした。

13100204omol92713100204omol909

そして今回のハイライトとなったのが<ラジオドラマ>。
作品は、こちらも森繁さんが出演、脚本家・向田邦子さんのコンビで昭和35年からTBSと文化放送で放送されていた「森繁の重役読本」から。
この“名作”と言われたシリーズを、舞台上で再現しました。

タイトルも、「吉野悠我の重役読本」と改め、
相方役に、アニメ「それいけ!アンパンマン」のカレーパンマンの声でお馴染み、
声優の柳沢三千代さんを加えて、
ナレーションを
燃えよドラゴン”こと、近藤が担当。
そして、今回だけのためにオリジナルジングル(テーマ音楽)をこさえて、お届けしました。

13100204omol92413100204omol923
13100204omol920
向田さんのシナリオの面白さもさることながら、
吉野さんと柳沢さんの息の合った軽妙な掛け合いと、コミカルなナレーション、
ラジオドラマならではのジングルがうまく合わさり、
新世界がラジオドラマの収録スタジオへと見事早替わりしました。

ショーは終盤へ…

13100204omol926_2

レギュラーメンバーでボーカルのさくみさんが一部に引き続き登場し、
3人で仲良くトーク。
今回初対面から稽古、本番にかけての爆笑エピソードで大盛り上がり。

そして、もはや恒例となりつつある、書き下ろし曲プレゼント”。

毎回、ゲストへのプレゼントとして一曲書き下ろしていますが、今回は…
さくみさんへ初の書き下ろし曲プレゼント!!!

「そしてぼくは」

13100204omol911_2

そして、吉野さんへの曲のプレゼント。

「感謝」

森繁さんとの出会い、偶然と必然の出会い
俳優人生で出会った沢山の人々への感謝を込めて
熱唱!!!
感極まってます!

Snapshot38Snapshot25

そして最後は、みんなで
「ほほえみの種子」

13100204omol925

2DAYS、無事終演!

最後はみんなでパチリ!

13100204omol907
お疲れ様でした!!

そして、ご来場の皆様、誠に有難うございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧